【比較】全商英語検定って実用英語検定と比べるとどのくらいの難易度?

商業高校の人なら全商英語検定を受けろって言われんすよね。
それに対し、皆さんが知っているのは実用英検ですよね。

しかし、商業高校は全商英検を推奨しますよね。
まあ難易度は実用英語検定よりも簡単だし、商業生には活用することもできますもんね。

今回は全商英語検定の難易度と勉強法を紹介してきます。

全商英語検定の難易度

全商英語検定とは全国商業高等学校協会が出している資格のことです。
主に商業高校生を資格取得に励みます。

全商英検と実用英検を比較

全商英語検定は実用英語検定よりも難易度は低いです。

  • 全商英語検定3級=実用英語検定4級と3級の間
  • 全商英語検定2級=実用英語検定3級と準2級の間
  • 全商英語検定1級=実用英語検定準2級と2級の間

このような感じですね。

実用英語検定のほうが難しいですね。まぁ試験の内容とかは違うにしてもこのような位置づけとなっています。


高校生が試験を受けるとしたら全商英語検定では2級から、実用英語検定では準2級からをお勧めします。試験を受けるにもお金がかかりますもんね。

商業高校生ももう高校生なわけですから全商英語検定を受けるとしても2級からでいいんじゃないかなって思いますね。3級は正直中学生が受けるような内容ですね。

なぜ全商英検を受けるのか?

実用英語英検のほうが全商英語検定より資格として難しいですし、知名度も高いですよね。
しかし、商業高校生には全商英語検定の資格を取得するとメリットがあるのです。

全国商業高等学校協会の資格は9つあります。そして一級の資格を3つ取得すると3冠といわれます。4つとれば4冠、5つとれば5冠という風になります。

このように商業高校生は一級を一つ取得することは大きなメリットです。
大学の推薦条件にも全商英語検定〇級以上とか特殊な推薦内容では〇冠以上とか書かれています。

なので1級の資格を取得することでのメリットは大きいですね。商業高校生には。このためだけにでも頑張る価値はありますね。一番いいのはTOEICや実用英語検定を頑張って全商英語検定をおまけで受けれるくらいの英語力があればいいですよね。

それならみんなが知っている資格も保持できますし、進学の時にもダブルでメリットになるのでお勧めですね。僕も実用英語検定のほうを頑張っておまけで全商英語検定を受けていたのでぜひ試していてください。

全商英語検定の勉強方法

全商英語検定の勉強方法を紹介していきます。
全商英語検定の配点はリスニングに30点、リーディングに70点という配点です。
3級はあんまりしなくてもいいと思うので省きます。

まず、全商英語検定は実用英語検定と違ってライティングという項目と2次試験がありません。自分で文章を書くのと相手と話す面接がないのはいいですね。

この二つがないだけで一つの項目に力を注ぐことができます。

全商英語検定1.2級の勉強方法

問題形式はいっしょですね。
問題のレベルが上がるだけなのでどちらの試験を受けるにしても同じ勉強方法でいいですね。

リスニング

まずリスニングに関しては2回聞くことができます。実用英語検定では1回なのですが全商英語検定は優しいです。そして、リスニングの内容は大問3~6となっています。

大問3では絵があり比較的簡単です。英語の単語をしっかりと聞いているだけでわかるようになっていますね。

大問4~6は一般的な問題となっています。僕が感じた感じでは選択肢の内容があんまり重なっていなくてわかりやすいです。簡単に言うと簡単ですね。

選択肢が簡単とはいっても内容を聞けなければわかりませんよ(笑)
とはいってもリスニングが苦手な人でも案外いけると思います。
もし無理だとしても配点が30点分ですのでまだまだリーディングで挽回できますのでご安心を!

リーディング

大問1では、アクセントの問題です。日ごろからアクセントを気を付けているのかちう問題ですね。アクセントにも典型的のアクセントもあります。僕はその典型的なアクセントは覚えました。

例えばtion がついているものは一つ前にあるa・i・u・e・oとか。そんな感じです。このような簡単なのは覚えましたがただ配点が全体の5点しかないのであんまりここに力を入れてもしょうがないですよね(笑)

大問2では質問を返すという問題ですね。これは英語を読めれば何とかなりますね。あんまり内容がわからなくても単語さえ読めればある程度はわかるはずです。

大問8についてはこの試験を受けるにあたりテキストを購入すると思うのですが、、、このテキストは購入することをお勧めします。値段を高くなくて過去問はインターネットにのっているのですが紙媒体のほうが勉強しやすいと思いますし、お金を使うことでやる気も上がります。

人はお金を使うことでやらなければもったいないと思う人が多いです。これで半強制的にでも勉強したりしますのでこういった意味でも購入をお勧めします。

そして大問8は会話の問題です。テキストの中に会話の内容があったりしますので翻訳を読んでこういう表現はこんな意味なのかと覚えておくだけでちょっと直訳してもわからないような英語表現でもわかるようになってきます。

会話表現なのでいつもの長文を読むのと少し違いますので、どんな風な感じかは見ておくことをお勧めします。

あとは大問7と10は長文です。数こなせばなんとなくわかってきますね。

大問9、11、12が残っているのですが大問9は単語を覚えることをお勧めします。
問題を見ればわかるのですが選択肢がすべて違う意味の単語の可能性が高いです。なので単語の意味を言っておくことによって文章に一番合う意味の単語を入れれば答えられますね。大問9は点の取りやすい問題だと思いますね。

大問11と12は構文とかそういうしっかりした英語の文法力が必要ですね。
僕はこれが苦手でした、、、(笑)

基本的な文法がわかって入れさえすればそこまでつまづくことはないでしょう。文法ができてさえいればこの二つは余裕でしょう。

まとめ

全商英語検定は実用英語検定に比べて難易度が高いものではありません。
しかし、高くないからといって商業高校生がこの資格を取らないというのはもったいないですね。

この資格に意味があるのではなくてこの資格も持っていることでほかの面で役に立つようになります。簡単に言えばパーツですね。〇冠を増やしたいのであれば頑張る必要がありますね。

英語は今後必要にもなってきます。英語を勉強するという意味も込めてこの資格に挑むということでも全然いいと思います。僕もこの資格自体はあんまり必要ないと感じていましたが英語を勉強したいとなると何かの目標がないとあんまり勉強するやる気が出ませんよね。

資格を使って僕は勉強するやる気を起こしていました。ぜひこの方法を使ってみてください。目標がないより全然する気になります。そして資格勉強をするなら資格取得目指して頑張りましょう。

皆さんが合格できることを応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました