休み時間を有効に使う。休み時間という貴重な時間を勉強に充てよう!

休み時間ってついつい無駄な時間を過ごしてしまいがちですよね。
僕も結構な時間を無駄にしてきました、、、

環境も大事だと思いますが、やはり一番は自分の行動力ですよね。
今回は僕が休み時間を有効に使うことができた事例を話していきます。

一個でもまねして休み時間を有効に使っていただければありがたいです。

多くの休み時間って友達とおしゃべりしたり、トイレ休憩ですよね。
一度はこの時間を有効に使えないかなとか思ったりしたことがありますよね?

この時間は本当に必要なのかこの時間をなくして早く家に帰りたいと僕は思っていましたね。
しかし、休み時間をなくすことは不可能ですし、早く家に帰れるわけでもないのでこのような考え方に至りました。

家出することを休み時間のうちにしてしまおうと。
家に帰っても勉強しますよね?
でも家ではゆっくりしたいから勉強したくないですよね。

なので休み時間の有効に使う方法や考え方を紹介します。

休み時間の有効な使い方

勉強する

有効な時間を過ごすといったらこれですよね。
しかし、勉強をしている人はわかるかもしれませんが特別賢いような学校でない限り勉強している人は少ないですよね。

宿題をするのは抵抗はないのですが、自分の勉強となると少々難易度が高いですよね。

実際に僕も、自分の勉強をしていると友達から「何やっとんの?」とか「今勉強しなくてももえーやん」みたいな感じで話してくる人はいました。相手も悪気はないのでいいのですが出る杭打たれるとはこのことですね(笑)

クラスという箱の中で少し違うことをしているとやはり少しは目立ってしまいます。
そういう経験をすればわかるのですが目立つのが嫌で溶け込んでしまいますよね。

溶け込むのはいいことではありません。

少し異質でもやり切ったほうが得です。
僕も勉強を続けた結果友達のほうが変わってくれました。

あんまり邪魔せずにしてくれて勉強することの理解をしてくれました。
こういった感じでしたのでほかのみんなよりも資格を多く取得できたしいいことだらけでした。

こうした少ない時間でも有効に使うことで糧になります。
10分休憩が5かいあり昼休みの使える時間が20分としましょう。

一日では10×5+20=70分
一週間では70×5=350分
一か月では70×20=1400分

単純な計算ではありますが非常に莫大な時間がありますよね。
この貴重な時間を他人の目を気にして何もしないのはもったいないですよね。

それでも一人じゃ恥ずかしかったら友達を引き込むのも一つの手だと思います。
やはり一人じゃ勇気が出ない人もいますよね。

友達一人でも誘い込むことに成功すれば一緒に勉強することで友達に教えることで理解ができたり、または教えてもらうことで効率よく進めることもできます。

方法は様々存在しますが休み時間は貴重な時間だと思ってください。
そうすればおのずと自分がしなければならないこと、したいことに時間を当てることができます。

趣味に使う

趣味に使うのも一つの手ですね。
しかし、趣味は人それぞれで持ってきてはいけないものとかも存在しますよね。

僕は迷惑が掛からなければ持ってきてもいいと思います。
ただ単に時間が過ぎていくよりも自分のしたいことに時間を使うことのほうが有効的ですよね。

学校に持ってきてはいけないものは先生に見つかってから後々考えましょう。
最初にあれもこれもダメと決めつけていては何にもできないですよね?

学校にも意味の分からない規則なども存在しますよね。
自分が理解できなかったりするものは一回破ってみてもいいかもしれませんね。(ほかの人に危害が及ぶことはだめですが笑)

そして見つかってから抗議してみたりしてもいいかもしれません。覆ったりするかも。

休み時間といえど貴重な時間には変わりありません。
その貴重な時間をだらだら過ごすのであるならば趣味でも何でも自分のしたいことを行うことをお勧めします。

まとめ

休み時間の使い方は人それぞれです。
なにも強制されているわけではないのです。

なので、自分のしたいことをしてもいい時間だと思っていただいてもいいと思います。
そう思っていることで何かをするときに戸惑うことが少なくなるはずです。

友達と話していることが多いクラスでもやはり一人の時間を大切にしている人もいます。
その人を見習ってもいいかもしれませんね。

最初は友達も勉強している姿を見てきっと戸惑うはずです。
しかし、時間がたてば友達もわかってくれるでしょう。
僕がしていることに理解が深まり遊ぶときはいっしょに遊んでくれると思います。

友達が離れていってしまうかもしれませんがそれは本当の友達ではないのでほっておいてもいいでしょう。自分がしてくれることに理解してくれるのが本当の友達だと思いますので本当の友達を見つけるのにも有効かもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました