元商業高校生が商業高校を選択した理由。進学する前にすること公開

なぜ商業高校や工業高校といったような普通とは違う高校があるのでしょうか?

そして、そこに進学しようとしている人はどのような気持ちで進学してるのか一個人の情報ではありますが紹介していきます。

まず、このような専門学校に進学したいような人はどんな人なのか調べていきたいと思います。
僕の友達ではこんな人たちがいました。

勉強をしたくない人
なんとなくの人
就職したい人
興味がある人
推薦という制度を知っている人

多くはこのあたりであリます。

僕はこの中で推薦という制度を知っていてあんまり普通の勉強をしたくない人でした。
これらのことを話したうえで商業高校を選んだ理由について話していきます。

商業高校を選んだ理由

楽に進学可能

僕個人的には簡単に進学可能な高校でした。内申点を持ってさえいれば前期で合格することが可能であったからです。5教科のテストを受けずに1教科と面接だけで通ることができました。

内申点さえとっていれば前期での試験はほかの高校も割と余裕です。一部の賢い高校を除いては(笑)楽に進学できたというよりは進学しようと決めたときに内申点が基準値より達していたので結果的には楽に進学できたということです。

なので、まだ進学を決めていない人もこういう状況も想定しておいて今できるような内申点を上げるなどのことをしておくことをお勧めします。

5教科の勉強をしなくても良くてほかの人よりも進学先が決まるなんてすごくいいことですよね。ほかの人には悪いですが(笑)

コスパがいい

これは僕が進学する前に調べた結果でした。
まず商業高校はすごく賢いような学校ではありません。
賢い人もいるのですが部活などいろいろなことに熱中してりう人も多く勉強だけしている学校ではないため頭のレベルはそこまで高くありません。

そして、大学推薦がたくさんあったり、よい就職先もたくさん存在します。
内申点を上げ、資格も取得すれば優先的に大学や就職先を校内で選択することも可能なのでかなりコスパはよいと思います。

このように情報を持っていればこの大学に進学したいとすれば商業高校に推薦があるのであったらこちらを選択するほうがよい場合もあります。
このような情報を持っている人は少なく僕がよい大学に進学した時はみんなからうらやましがられました。

これが情報の格差です。情報を持つことによってコスパ良く生活できたりもしますので情報を探る時間も必要ですね。

それに、商業高校に進学して遊んでいる人も多いです。それは進学するときの情報をあんまり持っていないから遊ぶことができるのです。内申点が非常に大切という情報を持っていれば一年生の時から少しずつ頑張ることができますよね。この情報も糧にしてよい選択を行ってください。

勉強をしたくない

最初の理由はこれでしたね。本当に勉強していると社会に出たときに意味のあるのかとか思う時がありますよね。僕もこの経験は何回もしました。

言い方が悪いですけど歴史勉強してもあんまり意味ないし、数学も計算できたら生活には支障はないですよね。それで、必要になってくる知識もあると思うのですが必要だと分かったときに勉強すればいいっていうことを感じました。

そういうわけで社会に行っても使えそうな簿記とか情報などほうの即戦力になることを勉強したいと思い商業高校に進学したいと思いました。

こんな軽い気持ちで商業高校などの専門学校を選択しても良いのかというと僕的にはよいと思いますね。

しかし、軽い気持ちで進学してみようと思っても調べることは重要です。
軽い気持ちで興味を持ちそのことを調べつくして自分に合っているのもであったらそれに合わせた勉強や環境づくりをすることをお勧めします。

ただ単に勉強をしたくないっていうよりかは意味のない勉強をしたくないっていう人が多いので専門学校に進学したら専門的なことの勉強は頑張ることですね。

まとめ

商業高校に進学した理由を説明しましたが絶対的な理由はありませんよね。
そんな感じでいいと思いますね。

なにごとも軽い気持ちで取り組んでそして興味を持ったらもっと奥まで勉強したり調べたりすることでいいと思います。

軽い気持ちでやってはいけないという人が大半だと思いますがそんなんだったらいくら時間がたってもできませんし何もできないですよね。何回かすることも大事だと思います。

僕は商業高校に進学する前に調べてメリットのほうが多いから進学を決めました。
進学してからデメリットも見えましたが想定内だったので調べた甲斐があったなと感じます。

専門高校以外にもたくさん学校がありますよね?進学してからあーだこーだいう人も多いですよね。いうには言うのですが進学する前には調べ調べつくしてデメリットも探したほうがいいですね。

この記事を読んだ皆様がよい選択できることを応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました