【比較】商業高校と普通高校の違いを徹底解説します!!

資格

皆さんも高校に進学する際に商業高校って聞いたことぐらいはあるはずです。でも、普通の高校と何が違うの??って思われる方もいらっしゃるかもしれません。

商業高校とは、よい風に言えば専門の勉強と一般的な勉強を両方勉強する
ハイブリットな高校です。

やっぱり進学するときは誰もが悩むと思うので少しでも選ぶ材料を増やしていけたらという思いです。進学してしまうと学校をかえることは難しいですよね?

それに商業高校や工業高校などの専門的な学校の場合ほかに比べてもっとハードルが高いです。
同じ勉強をしていませんからね。できなくはないですが学校を変えるとかはしたくないと思います。

ですので商業高校とはどこが普通の高校と違うのかとかどういう人が進学していったほうがいいのか紹介していきます。

商業高校と普通高校の違い

科目が違う

商業高校は専門科目というのがあります。
商業高校で何を一番学んだかというと5教科などの一般的な勉強内容ではなくて専門知識です。

専門知識とは社会に出ても使えるような意味でしゃべっています。
例えば簿記や情報系です。商業高校に進学したら資格などの専門的なことに取り組むことをおすすめします。

取り組むことで自分が一番何がしたいのかもわかりますし、今まで楽しくなかった勉強が楽しいって思えるようなものになるかもしれません。そして興味を持ったことに勉強していくことによってほかのみんなとの差を広げることもできます。

僕が思うに成績などいい人や関心を持って取り組んでいる人は賢い人が多かったです。自分で好きなことを見つけて資格に取り組むことがいいですね。

スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】

専門科目を勉強することによってそして多くの皆さんが勉強している5教科の勉強時間は少なくなります。

数学なら、僕のところは数Aと数Ⅰだけでした。選択教科で数Bと数2をうけることができました。(僕の通っていた商業高校では)それに授業内容は比較的簡単です。

5教科の内容は普通の高校よりも知識が浅く簡単ですね。
5教科をメインに勉強するのではなくてどちらかというと専門教科に力を入れている感じですね。
専門教科は好き嫌いある人もいるので進学してみなくてはわからないのですが、今までの勉強が苦手な人がこの専門教科は好きな人もいます。

こういった今まで勉強苦手な人でも勉強する気になったりしたりします。
日常でも使えるような授業をしていたりするので今までの授業が無駄だなって思う人にはいいかもしれませんね。

僕も今までの授業があんまり好きじゃなく無駄だと思っていたので専門教科を習えることのできる商業高校に進学しました。こういう人でも良い成績は取れるので頑張ってください。

大学に入って知らないような単語や公式もたくさん出ましたがぶっちゃけあんまり気にしなくてもいいです。最初は焦るかもしれませんが普通に出席して勉強していれば問題なかったですね。
わからないときは友達に頼るのもいいですね。

商業高校生は自動車学校に行きやすい

商業高校生は主に推薦で大学に進学するか、就職するかです。なので大体の人たちは冬休みまでには進路が決まっている状態です。

大学に進学して自動車学校の話になったときに、「もう自動車免許持ってるよっ。」
っていうと結構驚かれますね~~。

だからと言って商業高校に進学したほうがいいよとは言わないです。(笑)冬休みではもうだいぶ進路が決まり落ち着いているので、バイトをすることも可能です。

学校先がバイト禁止とかもあるとは思うんですけどまぁそれは
何とかすることができますので。(笑)

バイトをすることによって大学に進学当初はお金もあったりするので
最初にバイトバイトしなくてもいいようになりますよ。

メインの受験の仕方が違う

結論から言うと大学に進学するのに商業高校は推薦で進学し、普通高校は勉強で進学します。

普通の高校でも推薦をもらえる人もいらっしゃいますが、ぶっちゃけ商業高校のほうが簡単に推薦をもらえると思います。

まず、商業高校はあまり勉強のレベルが高くないからです。しかし、商業高校も欠点はあります。それは、進学先の大学での学部をあまり選ぶことができない点です。

商業高校に推薦がくるのは主に、経済や経営、あとスポーツもあるかな。やっぱり経済系の学校なのでそのような推薦が多いです。

医学部や法学部に行きたいと思っている方や興味を持っている方には
商業高校はあまりおすすめできないですね~。

理系などの推薦はないので事前に調べておいてください。進学してから気づくと本当に道がなくなります。

定期テスト

これは重要なんじゃないかなって思いますね。

どこが違うかというと、普通高校の人たちはセンター試験を目標に勉強している人が多いと思います。センター試験を目標にしている人から聞いたら、人それぞれでテストの種類が違うために定期テストでは自分が取らない勉強はあまりしない人が多いと聞きます。

逆に商業高校は推薦で大学に進学したり就職したりするのでなにが評価されるのかというと、
定期テストなのです!!商業高校は定期テストなど成績に関係するような勉強はしなくてはなりません。

とは言いつつも勉強レベルも非常に高いとは本当に言えないので
頑張る気持ちがあれば大丈夫でしょう!!

内申点の重要さ

商業高校は内申点が非常に大切です。内申点で8割くらい進学や就職先が決まるといってもいいくらいです。それは商業高校に在籍しているときに感じました。

普通の高校では内申点が必要である人もいると思いますが、内申点が少なかった場合、推薦をあきらめセンター試験を利用するなどの道がありますよね。一方商業高校はメインが推薦などの内申点を利用した進学方法です。

センター試験を利用するとなると普通の高校よりハードルが非常に高いです。なぜなら、試験を受けるような勉強をしていないからです。5教科など今まで中学校で受けてきた勉強を削り専門的な勉強を行うため他よりも圧倒的に勉強量が足りません。

絶対にできないのかというとそうでもないのですがいばらの道になるのでお勧めはしません。

そして内申点を上げるには定期テストが重要です。内申点は一年生のうちから存在するものですので最初から少しずつでも勉強はしなくてはいけません。

センター試験の人は3年生の夏からが勝負だ。感じなのですが、商業高校は定期テストが勝負なのです。たとえ実力がなくても定期テストのためだけに勉強してそれだけでも結果を残せばある程度良い推薦をもらえたりします。

しかも定期テストはそこまで難しいようなことでもないのである程度したら高得点を狙えます。ここで甘えが出てしまうと3年生になってから後悔します。

本当に後悔している人はたくさんいます。半分以上は後悔していますね。「あの時、少しでも勉強しておけばよかった。」この言葉すごく聞きますのでこの言葉を発しなくてもよいように頑張ってください。

まとめ

どちらに絶対進学するべきだとは言っていいなくて、
自分に合った進学場所を決めるべきです。

僕は普通の勉強はあまり意味を感じられなくて商業高校に入りました。

普通の弁用に意味を感じられる人などは普通高校に入ればいいし、
僕みたいな人は高校に進学するならちょっと変わった高校に
進学するのもありなんじゃないかなとは思います。

進学するにしても何をするにしても情報は大切になってきます。何かを選択するときに一つの記事だけを見て決めつけるのではなくて何個も情報を確認することをお勧めします。

進学は結構なターニングポイントでもありますし、時間をかけて決めていくこともいいのかなって思います。商業高校はあんまり知らない生徒もいるのでぜひこの記事を読んでくれた人は興味をもって一つの選択肢になって頭の片隅にでも置いておいてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました