商業高校で取れることのできる資格を実体験を含んで紹介しま~す!!

商業高校に進学したらどんな資格が取得できるのか書いていきます。

この記事は商業高校に進学してから大学に進学しようとしている人メインで書いていきます。
就職にしようと思っている人もほとんど一緒なので見ていってください。

まず元商業高校生の私が取得した資格を紹介しま~す!!

全商検定6冠
ITパスポート
基本情報技術者試験
応用情報技術者試験
日商簿記2級
秘書検定2級
英検2級
※応用情報技術者試験は部活で取得しました。

ざっとこのくらいです。
多分僕はまだ多いほうだと思います。

思ったよりも資格を取得することができます。
僕みたいに商業高校の情報処理科に進学するとITパスポート
なども取得できたりするのでおすすめです。

さて前置きは置いといて取得しておいたら良い資格が知りたいと思います。
それを紹介していきます。

おすすめ資格

全商検定

商業高校で主にみんなが取得している検定です。
様々な種類があり、全部で9つあります。

この9つの中からおすすめなもの順に紹介します。

  • 簿記実務検定試験
  • 商業経済検定試験
  • 珠算・電卓実務検定試験(珠算と電卓は分かれています)
  • ビジネス文書実務検定試験

そこから商業の中でも英語中心のクラスは
英語検定試験

情報メインは
情報処理検定試験(二つあります)

会計実務検定試験もあるのですが僕が思うに一番難しいですね。
すべて取得するつもりなら挑戦してください!!

この資格自体はあまり難しくない資格です。

なぜ取得しておいたらいいのかというと
就職・進学が有利になるからです。

全商検定を何個か取得することで推薦をもらえたりするので僕はそのためだけのために
頑張りました。

ただ一つ言っておきたいのは、この資格は商業高校から就職・進学に使えるだけで、
大学に行ってからはあまり意味のない資格だと思っておいてください。

この資格を取得したからといっても何かができるわけでもないのでね。

でも、就職・進学には必要なので頑張りましょう!!

英検・TOEIC

英語はどこに行っても使えると思います。

僕の商業高校ではTOEICよりも英検を推していましたが、
今思うならTOEICを頑張れって言いたいですね。

TOEICはやっぱりどこでも使えるんですよ。
大学でも就職してからも。

まぁでも、取得しやすいのは英検のほうだと思いますよ。

TOEICに挑戦して目標点に行かなくて、推薦がもらえないって思うならば
僕は英検をお勧めします。

進学できる力があるのに進学できないのは悲しいですからね~

日商簿記2級

この階級より上を取得できるなら非常にいいんですが
簿記部に入っていないのであればこれで十分だと思います。

日商簿記で資格を見てもらえるというと、最低でも2級からだと僕は思います。

簿記って聞くと「数字がいっぱい出るからいや!!
っていう人がいるんですよ。

たしかに、数字は出ます。
それよりも大切なのが国語力です。

文章を読むことができるのが近道のカギだと僕は思っています。

なので、数字が嫌だからとやってない前からあきらめることをやめましょう。

僕の大学では日商2級を目標に授業しているカリキュラムもあるため
僕は受けなくてよかったです。

大学せいでも取得しようとする検定科目なので高校生のうちからやってみるのもありなんじゃないかなって思いますよ。

おまけで基本情報技術者試験

これは商業高校の中で情報処理科におすすめですね。やっぱりこの試験は自分だけじゃ難しい試験だからです。

レベルで言ったら日商簿記2級っていう感じで先生に言われますね。
日商簿記2級のレベルであるならば一人で取得目指そうとしたら結構きついですよね。

そういう時は先生に頼ることをお勧めします。高校のうちに勉強する際は先生たちもいて丁寧に教えてくれるからです。

この試験を一人でやれってゆわれたら僕でも嫌ですもん。
嫌いな人は特に頑張ってみる価値がありますよ。

その前のレベルで言うとITパスポートを一回挟むことがいいですね。
ITパスポートは一問一答みたいな感じなので勉強しやすくて資格を取得するのにもちょうどいいレベルだと思います。基本情報技術者試験を受ける前に挑戦することをお勧めしますね。

僕もあまり好きじゃなかったけどまじめにやっていたので取得することができたので
格段に難しいってことではないので挑戦してください!!

まとめ

ほかにもいっぱい資格はあります。でもただ取得するだけじゃ価値のない資格もたくさんあると思います。今回紹介したものはある程度知名度も高く良い資格だと思います。

大学に進学するためにも資格というのは使えますし、商業高校から次のステップに進むのに非常に有効です。

メジャーなものは比較的企業の方たちも知っていてある程度難しかったら
アピールにもなります。

「なんでもいいから資格取得しよ」っていうことではなく考えて行動することで
効率的な資格の取り方ができますよ。

3年というのは短く遊ぶ時間も欲しいと思うので取得する資格も絞って
よい資格をたくさん取得しましょう!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました