商業高校に進学して後悔してしまう可能性が高い人5選

今回は商業高校に進学して後悔する人の特徴や商業高校に合わない人を紹介していきます。

僕は商業高校は魅力的な制度でよい学校だと思っていますけど、中にはやっぱり合わない生徒も存在しました。ぶっちゃけ合う合わないかは進学しなければわからないといいたいですが進学してしまうともう学校を変えるのは厳しいですよね?

それでも分野とか教育の問題で進学してしまうと後々大変な人もいらっしゃいます。
普通の高校と違って進学先とかもある程度決まっていてその進学先や就職先が自分に合っている人なら問題ないのですが違う人は非常に大変です。

なのでこういう人は結構商業高校に向かないって思う人の5つを紹介をしていきます。

商業高校に向かない人5選

理系の大学に進学したい人

商業高校は文系で理系の商業高校はないと思っています。
まず、簿記などが文系ですからね(笑)

自分でセンターなどは受けることは可能なのですが、そもそも理系の人が勉強するような勉強科目がなく授業も少ないし、身があんまり詰まっていません。

数学も数1、数Aだけで選択で数2、数Bを触るくらいです。
僕の通っていた商業高校もそうですし、違う商業高校の友達も似たようなものでした。

なので理系の大学進学したいと思っている人やまだ理系の位置を考えている人にはおすすめしません。

逆に大学の進学する学部が経営学部や経済学部などの学部や英語系や情報系の進学先を考えているなら割とありかもですね。英語系や情報系は商業高校でのカリキュラムがあるので調べてみてください。

それと就職したい人は商業高校は求人募集が多く成績がよかったら先に選ぶこともかのなので成績をとれる自信があるのなら結構いいと思います。

コツコツ勉強できない人

コツコツ勉強できない人っていうか一年生のうちから定期テストに力を注げるかどうかの話です。

商業高校の多くは成績重視で進学先や就職先のとりあいになります。
良い成績をとっている人から良い大学の推薦や良い就職先の応募ができますので定期テストを大事にできる人が良いですね。

成績をとっていないと3年生になってから後悔してしまいます。
一般の高校は勝負は3年の夏からといいますが、商業高校はプレッシャーはないのですが一年生のうちから勝負といっても過言ではありません。

商業高校のテスト内容なども比較的簡単ですし、普通にテスト勉強していれば良い成績をとることは可能です。ですが、商業高校はいろいろな人が集まりスポーツできている人とかもいるのでその人たちは一芸を持っているのでいいのですが、何も持っていない人がその人たちと一緒に勉強しないとなると非常にまずいです。

結果、一人だけ取り残されます。

なので、一人でもコツコツと勉強できる人は商業高校に進学してもいいでしょう。

公務員を目指している人

商業高校からも公務員になっている人は普通に存在します。
しかし、公務員になるには試験がありますよね?

その問題が一般の勉強内容です。
なので商業高校ではやっていない範囲もあって自分で勉強しなければいけません。

普通の高校であるならば勉強している範囲を出題されますのでいいのですが、商業高校生は独学です。友達も公務員を目指していて普通の高校に進学していればよかったと後悔していました。

なので公務員をもう目指している人は高校で勉強が可能なところをおすすめします。

数字が嫌いな人

商業高校には授業で簿記というものが存在します。
それは簡単に言うと会計の仕事です。

それは数字を合わせたりして記帳したりしてくないようです。
専門科目なのでほかの学校にはない授業であり、なかにはこの授業に苦戦している人がちらほら存在していました。

やってみないと分からないのですが、数字を見るだけで蕁麻疹出るっていう方はおすすめしませんね(笑)僕も数字は苦手なのですがよくよく考えたら数字が出ているだけであり、実際は国語の問題であるという感じです。

中学までやっていた勉強のほうがいいなって思う人は商業高校には向かないですね。

逆に今まで勉強が嫌いでこっちなら面白いっていう人もいるので勉強嫌いな人なら面白いってなる人もいるのではないかなって思いますね。しかも、社会に出てからも必要となる勉強もしているので無駄を省きたいって人や今までの勉強に不満がある人はいいかもしれませんね。僕はお勧めします。

校則

多くの商業高校は校則が厳しいと感じられます。
それには理由があって大学の推薦や求人募集は学校のイメージや信頼度が重要視されます。

求人募集を出す側になって考えてみたらわかりますよね。
ルールをちゃんと守れる人のほうが断然いいですよね。

商業高校はこう言った次のステップとなる大学や会社とつながりがありますので良い生徒を作らなければなりません。ほかの学校もそうですが商業高校はほかより重視しています。

普通の学校は頭が良ければいいですけど商業高校は違うっていうことを覚えておいてください。

こういった意味もあり、多くの商業高校は校則が他よりも厳しいですね。
なので校則やルールをすぐ破ってしまうと後々めんどくさくなったりします。

破ってしまうなーとか自分の道を歩みたいなって思う人にはお勧めしませんね。
まぁでも進学したらある程度みんなルールは守っているのでこれはあんまり気にしなくてもいいです(笑)

商業高校は校則が厳しいよっていう話でした(笑)

まとめ

ぶっちゃけ進学してみないと分からないっていうのが本当ですが、好き嫌いは皆さんにもありますので自分の中で好きって思ってもらえたら調べてください。逆に嫌いって思ったら違う高校を探すことをお勧めします。

一番お勧めしない人は理系に進みたいと思っている人ですね。
他のは自分が頑張れば突破できるかもしれませんが、これだけは少し難しいです。
商業高校の大学先は経営学部、経済学部、教育、スポーツ、看護、特別で英語系や情報系ですので当てはまらなかった人はお勧めはできません。違う高校を探してください。

なのでここに書いた5選を突破することができれば勝ちです。
良い大学先や良い就職先に行けるということです。

商業高校に通っている人や通いたいと思っている人もこの5つを意識していただければありがたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました