元商業高校生が独断で説明する商業高校が偏差値が低い理由

今回はなぜ商業高校は偏差値が低いのかを商業高校出身だった僕が独断ではありますが話していきます。

まず、商業高校で一番偏差値が高くて60未満です。まあ一番高くて偏差値が60ですからほかを見るともっと低いです。

ですが、偏差値は低いと思いますが商業高校の中で非常に低いところ以外であれば偏差値はあんまり気にしなくてもいいと思います。僕も偏差値50くらいの商業高校に進学しましたが、有名私大にも入ることもできるし、国公立にも進学する人もまあいます。

偏差値が低くても有利な点を紹介していきます。

誰もが入りやすい

一番の目的が勉強でない人が多いです。スポーツ・専門・趣味など自分のしたいことをしている人が多いイメージです。わざわざ普通の高校に行かなくても勉強もできて自分のしたいことに熱中する人がたくさんいるので、必然的に勉強だけでは順位が落ちてしまします。

このような学校で育つとコミュニケーションの高い人が多いようにかんじました。僕が大学に進学した時に本当にコミュニケーションが高い人だなと思った人はまぁ商業高校生とかの人でしたね。

コミュニケーションは勉強よりも大事だと僕は思っているのでその能力を伸ばしたい人は商業高校などの専門的な学校に行くのもありですね。

一般の勉強が楽

これですね。偏差値は一般的な勉強で決まりますので、その分商業高校は専門的な勉強をメインに取り組んでいるので偏差値が下がるのは仕方がないと思います。偏差値が低くても賢い人はちらほらいます。偏差値が高い学校に入れる人もいたりしていろいろな人がいますね。商業高校で賢い人は大学進学は国公立の大学や有名私大に入ったりすることも十分可能です。就職も選び放題で一般の勉強が嫌な人は専門的な学校に行きトップを狙いいい大学やいい就職先に行くのもおすすめです。

商業高校は進学も就職もどちらも選択できるので、勉強が苦手で入ったけどやっぱり勉強がしたくなった時に進学に変更することも可能なのでマジいいです!

それに中途半端に上の学校に行って落ちこぼれになるより商業高校で少し頑張るほうがいい大学にい進学できます。

偏差値が低いや賢くないとかゆわれるときもありましたが、最終的な進学先では偏差値が勝っているほうが多かったですね。これは情報量の違いだと思っています。

やり方を変えるだけでコスパがよくなったりほかの人より努力しなくても情報を持っていれば最短で行くことができるのでそういう面では商業高校はお勧めです。

ちょっと偏差値が低くて嫌だったところを紹介していきます。

話が合わない

偏差値が低いっていうか勉強量が違うので勉強しているところがまず違います。
僕が3年で習うところをもう1年でやっていたりとかもします。

定期テストとかで勉強の会話とかする時とかありますよね??そういうのがあんまりできなかったですね。まあ商業高校生だけですればいいことなんですけどね(笑)

進学方法とかも違い一般入試とかでは入らないのでめっちゃうらやましがられます。
勉強はしているけど、してない風に言ってくる場合もあるのでそういう場合は聞き流しましょうね。

まとめ

商業高校はほかの学校よりも偏差値は低いですが偏差値では考えないほうがいいです。普通の学校とは別ですので例外だと思いますね。

推薦やらいろいろなメリットもあるし情報もいっぱいあったりしていいこともあるので気になった人は学校体験やらそういうのに参加していただけたら嬉しいです。

いいことも嫌なこともありますが最終的な進学がコスパが本当に良くてそう考えると僕はメリットのほうがはるかに多いと感じましたね。そう思う人もいるし普通の学校に行っておくべきだったと考える人もいるので一つの選択肢として商業高校を置いてもらえればいいなと思っています。

皆さんがどんな高校に進学するかはわかりませんが自分の生きたい学校に進学することが一番重要ですので頑張ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました