商業高校で差をつけれる方法って何??資格で差をつけよう!!

今回は商業高校生は資格取得を考えている人がほとんどですよね?
そんな時にほかの人と差をつける方法を紹介したいと思います。

みんな授業などで一緒に勉強したりしますよね?
そういう時にどうやって自分だけ差をつけることができるの??って思いますよね?
考えれば結構みんなと差をつけることは簡単です。

やっぱり努力は大事ですけど学校生活のうちに差をつけておけば就職でも進学でも
有利になる確率は高くなります。僕が行ってきた資格での差のつけ方や生活方法を紹介していきます。

ほかの資格を取得する

まずこれですね。授業で差をつけようって思っても大体みんなと一緒の勉強ですよね?そうなれば差はあんまりつかないです。そこで、ほかの人が資格取得しない資格を取得することで差をつけることが可能になります。例えば商業高校生であるならば、全商検定を授業で取得を目指さない検定に自分だけ受験して取得することです。そうすればみんなが3冠のところが4冠、5冠と差をつけることができます。

しかし、ほかの資格に夢中になりみんなが取得する資格を取得できなくなると差は開いてしまいますので、みんなと一緒に取得するような資格はくれぐれも落とさないように気をつけましょう!

取得する時間の作りかた

時間がなかったら資格を取得することはできませんよね?商業高校生であるならば部活動をしている人は時間があんまりないかもしれません。しかし、その時間がない方でも時間を作りほかの人より多くの資格を取得している人は中にはいます。その人たちがどの時間を削って勉強しているか紹介していきます。

休み時間

定番ですよね。しかし、この時間は結構重要だと僕は思っています。この時間は本当に無駄な時間を過ごしている人がほとんどだと思っています。しゃっべったり、スマホを触ったりと時間を有効に使っていません。

僕はそう思い、資格勉強の時間にしましたね。はじめは友達に何やってんの?とか言われるかもしれませんがそれを続けることで就職・進学の時に非常に楽になります。僕は兄もいたので先のことを少し走っていました。なので一年のうちからコツコツ頑張ることで楽になることを知っています。

この情報を知っているだけでも勉強しようっていう思いは芽生えてきます。

勉強しておいたほうが得って思えたら無駄な時間を排除することをおすすめします。
しかし、初めから自分の趣味の時間とかを排除するのは結構きついですよね。

そういう時の休み時間です。休み時間は大事だと思いますが考えてみたら特に何かをしていることはないですよね?なのでまずはこの時間を利用して勉強することをおすすめします。

通学時間

この時間も僕は勉強したりしていました。僕はバスだったので座りながらゆっくりと勉強をできたのですが、都会の人は立っている人がほとんどですよね。僕は立っているときは暗記問題をしていました。暗記問題はどこでもできますよね。あんまり考えなくても少し見ているだけでも勉強していますのでおすすめします。集中して勉強するものは電車やバスの中ではできないかもしれませんが、考えてみれば電車やバスなどでも勉強できるものは存在します。

このような問題は電車やバスの中で終わらせましょう。家ではゆっくりできるはずです。それに、通学時は遊び道具が限られていますよね?なので、誘惑されるものが少ないので勉強しやすくなっています。家には様々なものがあるので僕は少し勉強しにくいです、、、。

通学時間は眠たいかもしれませんがここで勉強することで家でゆっくり睡眠をとることができますので効率がいいと思います。ぜひ実践してみてください。

授業中

これは賛否両論あるかもしれませんが一応紹介しておきます。

授業といっても自分が好きな授業嫌いな授業聞かなくてもいい授業など様々な授業がありますよね。自分で感じることが必要です。

みんな一緒の授業を受けているわけですから自分にとっていらない授業などあると思います。
僕はそういう時はほかの勉強をしたりしていました。授業を聞けといわれるかもしれませんが面白くない授業を淡々と聞いていても時間の無駄ですよね。

仕方ないと思います、なので時間を活用するために勉強しましょう。しゃべっていたら授業妨害になりますので、ほかの勉強に集中すれば授業を妨害せずに済みますよね。どちら側にしてもWinWinだと思いますのでこの方法を活用してもいいんじゃないかなって思います。

まとめ

こんな感じで部活もしていて時間がない人も資格取得に向けて勉強することができると思います。まあ要はやる気があれば勉強をすることはできると思いますが、休み時間など時間の無駄だなって思っている人も多いと思いますのでこの記事を見て少しでも実践してみたいと思って方は今日でも明日にでも実践することをおすすめします。月日がたてば忘れてしまいますのでね(笑)

このこの記事を見て少しでもそう思う方がいらっしゃたら幸いです。
ほかの人と差を広げれることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました