高校野球部の大半が坊主であるのか?その意味は?効果は何なのか

高校野球をテレビで見かけることはありますよね??
大半の高校野球児は坊主ですよね?

それは本当に意味があるのでしょうか。
そう思った人はたくさんいらっしゃると思います。

僕も実際に高校でも野球をしたかったのですが、進学する高校の野球部は全員坊主頭であったため入部することをあきらめました。

中学時代に野球が上手であった子も坊主にすることが嫌で野球部に入らなかったっていう友達も知り合いも知っています。そこまでして野球部は本当に坊主頭にする意味はあるのでしょうか?

坊主にする理由

邪魔だから

この理由は多くの人から聞きます。
僕も実際に体験したのですが、髪が長いときは目にかかるなどして見えにくいのは事実でした。

それに、短髪であったら帽子が脱げにくいです。
短髪なら髪の毛がたっていてストッパーの役割になっていた記憶があります。

ですが帽子をかぶるのであったら髪の毛をすべて帽子の中に入れればいい話って思いますよね?
僕も野球をするときは前髪を帽子の中に入れてしていました。そうすると全然気になりません。

ほかにも僕が中学時代の時に調べた内容では、髪の毛を洗う時間も削って励んでいるという意味も込められているという人もいました。

そう聞かれれば聞こえはいいですが調べた人しかその意味を知らなければわかりませんよね(笑)ただ単に髪の毛を短くしているだけです。このような意味を持たせたいのであればもっと公表するべきだと感じます。そうすれば納得する人も増えるかもしれませんよね。

清潔感

確かに清潔感は感じられます。髪が長くても清潔感は感じられますが割合といった意味では坊主の人は大半が清潔に見えますよね。

寝ぐせもないし、ちゃらちゃらする髪の毛もなため遊ぶこともできませんよね。

しかしそうだからといってほかのスポーツの人がちゃらちゃらしているようには感じられませんよね。確かに野球部の人はちゃらちゃらしているという感じには見られませんが清潔感を気にしすぎてわざわざ坊主までする必要はありませんよね。

高校野球が終わったら

高校野球が終わり、プロに行く人や大学で野球をする人もいるでしょう。大学の野球部はあんまり分かりませんがプロの人は多くの人が坊主ではありませんよね。

坊主頭は早いところでは小学生のところから始まったりします。中学、高校と年齢を重ねるにつれ野球部の坊主率が上がっていくと感じられます。

しかし、高校を過ぎると坊主率は下がっていきますよね。結果下がっていくのであるのならば坊主にする必要はあんまりないんじゃないかなと僕は思います。

高校野球部の坊主姿は見ていて気持ちのいいものかもしれません。しかし、坊主にしたくてしている人は少ないと思います。誰だっておしゃれしたいと思いますもんね。

なので大学に進学するとおしゃれをしたくて髪を伸ばす元高校野球児が増えますよね。そういうことです。結構な割合で坊主頭にしたくないのです。

このようなあんまりよくない風潮は変えていくべきですね。

まとめ

坊主頭というのは昔の風潮がずっと残っていることがわかります。
良いこともありますが、この坊主頭のせいで野球部に入らなくなった子も多いのではないのでしょうか。

ポテンシャルが高い子もめちゃくちゃ野球がうまかった子もこのせいで野球をやめてしまうとなると少し残念に感じられました。

最近ではこの風潮をやめようとする高校も出てきており、まだまだ先かもしれませんが、いずれは絶対坊主頭であるべきだという風潮が薄れていくように感じます。

薄れていくことによって坊主が嫌で野球をやめようと思っている子も野球を続けていけるようになります。固定概念を捨てることによってあたら良く感じられたらいいですね。

少しでも坊主頭制度がなくなり、坊主頭が嫌でやめようと思っている子が坊主頭にしなくてもいい野球部に巡り合えることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました