高校生はアルバイトをすることは必要?始める前に知っておきたいこと

高校生の時からアルバイトをすることができますよね?
しかし、学校によってはアルバイトをしても良い学校と
アルバイトをしてはいけない学校が存在しますよね。

これには学校側の考えている部分もあるためアルバイトをしてはいけない学校の言い分もその通りだと思います。高校生にはアルバイトは必要であるかを話していきます。

まず、必要であるか必要でないかで言ったら別に必要ないです。

必要でなくてもしないほうが絶対にいいとは言っていません。
僕も高校生でアルバイトをしていたので(笑)

これから別に必要ではないことを話していきます。

時間を失う

高校生は勉強、宿題、部活もあり、思っているよりも忙しいですよね?
試験もたくさんあり、試験勉強をしなくてはいけません。

それなのに勉強などをおろそかにしてアルバイトに励む人もいらっしゃいますよね。直近のお金にくらんで勉強など必要なものをおろそかにしないように学校はアルバイトを禁止しているのだと僕は思います。

時間がアルバイトに失われてしまうために今後の進路に影響したり時間だけじゃあなく体力も奪われそうすることで授業や勉強をしない人もいます。

そうなると学校に行っている意味などがなくなってしまいますよね。

僕はアルバイトを全否定しているわけではないので学力を一定に保ち適度なアルバイトの時間にしていれば学力も落ちずに両方ともすることができますので両方一生懸命に行うというスキルが身につくのでアルバイトをしてみてもいいとは思います。

社会勉強

長期休みになるとアルバイトをしてもいいとなっている学校も存在します。そのアルバイトをする理由として社会勉強のためと書く人もいらっしゃるでしょう。

たいていの人はお金目的でアルバイトを行いますが社会勉強をしたくてアルバイトをする人もいます。正直に言うと社会勉強はあんまりできないと思います。

長期休暇だけであるならば非常に簡単な作業やずっと一緒のことをする作業くらいです。それで社会勉強をできるとは僕は思いませんでしたね。しかし、この記事を見て判断するだけではいけないのでどんだけ社会勉強ができるのかを確かめるためにアルバイトをしてみるのもいいかもしれませんね。

思い出

この感情は人それぞれだと思いますが、アルバイトのために部活をやらなかったり、友達と遊ばなかったりしたら思い出が少なくなると思います。

僕は中学時代に運動系の部活だったのですが高校ではアルバイトもしたかったので文化系に入りました。

文化系が悪いわけではないのですがあんまり情熱を注げなかったのであんまりいい思い出はなかったですね。なので、僕は失敗したのですがアルバイトをするために運動部から文化部とかやりたいことをせずにアルバイトに励むようなことはしてほしくはないですね。

高校生は一番熱中できる時間だと僕は思っています。
その時間を少ないお金のために使うのは今になって損だと感じたのでこのようなことを言いました。なのでこれを読んで少しでもしたいようなことがあったらそちらを優先することをお勧めいます。

その時点ではお金も増えていいとは思いますが使い道がはっきりしていないのであったらアルバイトはしないほうがいいとは思いますね。

まとめ

アルバイトをする価値は人それぞれ違うと思います。
高校生には自由な時間がある人と部活などもしていて自由な時間が少ない人の時間の差が結構違うと僕は思います。

アルバイトは正直時間を失ったりして、デメリットも多いと僕は思います。
それでも高校生の時間はいっぱいあるため自分で時間管理などを行うなどをしていればメリットも多くなるでしょう。

時間の使い方、スケジュールの立て方、文武両道というように勉強、部活、アルバイトと時間の使い方をしっかりしていればできる人はできると思います。

できる人は無理をしてしてもいいと思いますが、勉強や部活などのメインのやることをおろそかにするようであるのならばアルバイトをすることはお勧めできません。

きちんと時間管理を行ってアルバイトもできるようになることを応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました