どこが違うの!?基本情報技術者試験の午前と午後の違いを解説!!

基本情報技術者試験を受ける人はまず午前と午後の問題の違いを理解しておいたほうが
お得です。

午前と午後では出題問題の出方も違いますし、何より勉強方法も違ってきます。

午前と午後の違い

問題形式が違う

午前の問題形式

午前の問題はITパスポート試験すポートをしたことある人はわかると思いますがその感じです。
簡単に言うと一問一答的な4択問題です。

一つ一つ問題が分かれていて計80問あります。

そのうち6割以上で午前問題は合格です。
なので48問正解すれば合格です。

午後の問題形式

午後の問題は大問13個のうちから7つ選んでテストを行います。

しかし、必須問題もあります。それはセキュリティとアルゴリズムです。
あと、ソフトウェア開発(プログラミング言語)は選択なんですがプログラミング言語は
得意なもの一つに絞ったほうがいいので、この問題も半必須ですね。(笑)

12点満点の大問が5つと20点満点の大問が2つです。

アルゴリズムとソフトウェア開発(プログラミング言語)は配点が高いです。
ふつう12点満点のところが20点満点です。

時間配分が違う

午前の時間配分

午前の問題は時間配分を気にする人はほとんどいないと思います。
勉強していたら早く終わってしまいますよ。

単純計算で言ったら、計80問ですので、
150分÷80問=1.875分です。

なのでそんなに急がなくても大丈夫でしょう。

気になる人は計算問題を後にするといいですよ。
計算問題は合わなかったら何回もしなくてはなりません。

なので計算問題を後回しにしたらほかの問題は知識の問題なので
すらすら解けるでしょう!!

午後の時間配分

基本的には大問が計7問ですので、僕は大問一つにつき20分という目安で計算していました。

そうすると10分余るのでこの10分で最初何を選択するかや見直しに時間を当てましたね~。

でも問題を解いているうちに自分にとって時間がかかる問題がわかるようになります。

僕にとっては普通かもしれませんが、アルゴリズムとソフトウェア開発(プログラミング言語)でした。この二つは配点基準も高いので他の問題の時間を少しずつ削って問題を解くようにしていました。

このような方法をとってもいいかもしれませんね。

いろいろな方法をとってみて自分に合うものを選んでください。

勉強方法が違う

午前の勉強方法

午前の勉強方法は本当にこれといってはないのですが一つ言えるとしたら

数をこなすことですね!!

やっぱりこれに限ります。

午前の問題は過去問からも似たような問題がたくさん出てくるので数をこなせば
見たことある問題が増えます。

最初から、基本情報技術者試験の午前問題は難しすぎたって思う人はITパスポート試験
の問題をするのもいいですよ。

同じ形式で簡単になっています。

そこから、用語の意味を覚えたりしていったほうが楽しくできます。

難しい問題からすると心が折れそうになりますので、あきらめないためにもレベルを落としてゆっくりすることも重要です。

ゆっくりしてもあまり取得する時間は変わらないと思いますし。

あきらめて取得できないよりも、半年長くなったけど、取得できた!!っていうほうが
よっぽどいいですよね!!

なので自分のレベルに合わせて数をこなすことも重要です。

午後の勉強方法

午後の勉強方法は午前みたいに数をこなせばいいわけではありません。
多少はよくなるかもしれませんがおすすめはしないです。

午後のイメージは国語の問題です。

文章を読むことで答えがわかるようになっています。
午前問題をクリアできるくらいの知識は必要ですよ(笑)

午前をクリアできるくらいの知識は持っているていで話していきます。

午前の問題の単語を使った問題も多数出てきます。

例えばセキュリティの問題ならば、秘密鍵や公開鍵をどの場面で使うか、またどういう手順で使用するかとか図を見て考えたりする問題みたいなのが出てきます。

このようにただ単に単語を覚えているだけじゃ無理で、意味や使い方をこたえていく問題です。

勉強方法としては、問題になれるために解説を読み、一つ一つの問題を理解することです。

本当にめんどくさい勉強方法です。ただ単に解いていくのが簡単でそっちに行きたくなるでしょう
僕もそうでした。でもそうすると同じ場面の問題が出てきても復習をちゃんとしていないためあやふやになってしまいます。

一つ一つの問題が時間がかかるので復習をしないと時間がもったいないです。
忘れたらもう一回問題を解かなければいけません。

午後の問題は問題を解くのも大事ですがその後が一番重要です。

何を間違えたか、どう考えて正解までたどり着いたかを考えてください。
絶対の自信がある問題には復習は必要ないです。

「たぶん、これだな。」っていう感じで正解したものには復習してください!!

次は自信をもって正解できますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました