ITパスポート取得メリットとは?取得する工程でのメリットも公開

今回はITパスポートを取得するにあたってのメリットを紹介していきます。
まず、社会人と高校生でITパスポートを取得するメリットは違うところがあります。

ですが共通する部分のほうが多いので社会人も高校生もご覧ください。

ITパスポートは国家資格であり、国家資格の中では簡単な分類であります。
しかし、それでもメリットは存在するので紹介していきます。

高校生・社会人共通のメリット

次のステップへ行ける

ITパスポートを難しくした資格があります。
基本情報技術者試験や応用情報技術者試験です。ほかにもスペシャリストなど様々な資格が存在します。

その基礎的なのがITパスポートになります。
最初から難しい資格に挑戦するのではなく難易度から低いITパスポートから取得したほうがよいです。

なぜなら、僕が思うに、でかすぎる目標は壊れやすいからです。
いきなり日本代表になる人は少ないですよね?
地区の代表・県の代表などを経験している人がほとんどだと思います。

なので、目標をひとつづつクリアしていくことが重要だと思いますのであきらめないためにも小さいステップから踏んでいくことが大事です。

基本がわかる

ITパスポートはいわゆる基本のことを勉強しています。なんにでも基本はありますよね?
それです!
ITパスポートを取得したからといって何かできるようになっていることはないといってもいいと思います。

しかし、何かをするための知識は多少なりとも入っていて今後勉強するときの抵抗が少なくなったりします。

僕もITパスポートを取得していますがその次の基本情報技術者試験の勉強をするときはあまり抵抗がなく勉強することができました。基本情報技術者試験の午前問題がITパスポートの試験の形式と似ているからです。ITパスポートの試験が難しくなっているだけで勉強の仕方などは同じでよかったので次のステップに入りやすいです。

高校生のメリット

進学に有利

資格を持っていると面接に有利であったりします。
それに、ITパスポートは国家資格であり結構よい資格であります。

面接に有利ですがそのためだけにこの試験の勉強をするのはわけが違いますのでくれぐれもご注意を!面接のためだけでなく自分のスキルアップのために資格を取得をしてください。

また、推薦内容にもITパスポートが書いてあることもあり、基準をクリアすることもできます。基準をクリアできていないと推薦を出すこともできないので自分の進学したい大学・専門学校を早めに探して推薦内容を見ておいたほうがいいですよ。

早めに見ておくことでやる気も起きるし、どう行動したらいいのかがわかりますのではやま早目に行動することをおすすめします。

専門学校の授業料免除・減額の可能性

ITパスポートや基本情報技術者試験などを取得目的する専門学校などでは資格を保有してあると授業料減額など存在するところはあります。

情報系の学校に入るつもりであるならば先に勉強しておいていいと思います。減額・免除のこともありますが専門学校に進学してからアドバンテージもあり、早めに高度な授業にも取り組めるので早く決めて行動したほうがいいです。

この記事を読んだら減額・免除のこともわかり、情報は得たので十分に行動するきっかけができたと思いますので行動してくださいね。

まとめ

資格とは人それぞれ取得する理由はあるとは思いますが、基本はあくまで自分のスキルアップのためと思ってください。

スキルアップのために勉強してそれから付加価値がついてくるという感じだと僕は思っています。ITパスポートを取得することだけに意味があるのではなくて取得する際の勉強などにもスキルアップにつながります。

資格だけを大事にするのではなくて資格取得する際の工程も大事にしてください。この工程を覚えていることによってほかの資格取得の際に役に立ったりするのです。

皆さんITパスポートを取得できることを応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました