ITパスポート高校生でも取得できる!?難易度を紹介します。

ITパスポートを高校生でも取得できる難易度について。

結論:取得できる難易度です。

実際に僕は高校に入ってから勉強して高校一年の夏には
取得することができました。

僕は正直情報の部活に入っていたため、取得することが簡単でしたけど
友達は授業だけで一年のうちに何人もご合格していました。

ITパスポートは国家資格でもありますが、国家資格の中でも簡単な資格です。
勉強すればだれでも取得することができます。

実際に高校生が取得しているケースも少なくないため取得するのもいいかもしれませんね。

ITパスポートは高校生でも取得することが可能だと分かったところで
その取得する際の勉強方法を今から紹介していきます。

今回は高校生向けに紹介していますが、大人の人たちも勉強方法は変わらないので
安心してください!!

参考書を買う

絶対とは言えないですか参考書一つあるだけで本当に便利です。

時間が短縮できると思いますね。

時間が有り余っているっていう人やこんなところでお金を使いたくない人は
なしでも大丈夫だと思いますよ。

買う人は参考書は何でもいいと思います。

僕のおすすめとしては自分が読んでいて続けていけるような参考書がいいと思います。

参考書は勉強していると単語を調べるときに必ず使用すると思います。

そのときに、自分が読んでいて面白くない本であったら、読むのがつらいと思います。

僕が思うに、資格を取得する際に重要なのはあきらめないことだと思っています。

あきらめなけれがたいてい取得できると思っていますので、あきらめてしまうような
原因をつぶしていきましょう!!

先生に聞く

これは理解する上の近道です。

一人で考えて考えてできないときもあるでしょう。

一人でじっくり考えることも非常に重要です。

しかし考えた結果、できなかったで終わってしまってはいけません。

そういう時は迷わずにほかの人の力を借りましょう!!

高校生は商業高校生であるならば知っている人はいるはずです。
先生の力を借りましょう。

しかし、ただ単に「これ、わかりません。」っていうのではなく、
「この工程まではわかったのですが、こちらの意味が分かりません。」

っていう感じでわからないところを明確にして質問することが重要です。

そうすることで、相手が答えやすくなりすんなりと教えてくれるはずですよ。

繰り返す

ITパスポートを取得するためには努力すれば受かります。

繰り返し問題を解きましょう。

自分がやった問題もテストに似たような問題が出題
されるのが多々あります。

そのやったっこある問題を増やすためにも数をこなしましょう。

ITパスポート試験の問題はちょっとの時間でも問題を解くことができます。

例えば、電車の時間、休み時間などスマホのゲームをする感じで行うことができるので、
そのゲーム時間をITパスポートの勉強にすればより早く合格することができますよ。

四択問題であるため気軽にできるからこの時間を使って勉強してください。

何回も問題を解いていると似たような問題が出てきてその時は問題を流し眼で見ただけで
わかるようになっています。

そのような問題が多くなると時間も短縮され、試験時間が余るようになりますよ。

結果、試験時間を考えなくもなるので一石二鳥です!!

まとめ

本当にこのITパスポート試験は誰でも取得することが可能です。

あきらめないっていうことが重要ですね。

一人で勉強するのはほんとうにつらいです。
友達を誘ってみるのもいいかもしれませんね。

この記事を見てくれてありがとうございました。
合格できることを期待しています!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました