秘書検定2級は独学で取得可能なのか!?解説いたします!

今回は秘書検定2級は独学で取得できる資格なのかを話していきたいと思います。
ぶっちゃけ独学で取得できる資格です。
現に、僕が独学で取得しました。

僕が独学で取得した方法を紹介していきたいと思います。

はじめに

この秘書検定2級を取得するメリットを紹介します。

  • 一般マナーが身につく
  • 社会で使える
  • 秘書検定準一級取得に役立つ

僕はこのくらいだと思います。僕個人の意見ですがこの秘書検定2級を取得して、履歴書に書いて有利かと聞かれるとあんまり関係ないと思います。

ですが、僕は高校生の時に取得しようとしていたので社会に出たことがない状態のまま勉強しました。そしたら思ったよりもマナーが多く存在していたり知らないことがたくさんあったので資格うんぬんよりもマナーを学ぶという感じで勉強するのもいいと思いました。

秘書検定2級を取得するために

試験内容を知る

試験に応じた勉強をするのが資格を取得する上では一番の近道です。資格取得しても身についてなかったっら意味ないやんていう人がいるかもしれません。しかし、資格を取得していないと勉強をしたという証明がしにくくなります。初めて会う人には何を勉強したのかはわからないので資格を取得メインで考えることも重要です。

秘書検定2級の試験内容は記述問題が1割で選択問題が9割です。なので選択問題を中心とした勉強の仕方が最も有効でしょう。

テキストを読む

まず、テキストは何を買えばいいのか悩む人がいるかもしれません。ぶっちゃけなんでもいいです。しかし、一つ僕がこれだけは思っていてほしいことがあります。

それは、テキストを読んでいて飽きるようなテキストや、諦めたくなるようなテキストは買わないことです。知識はいっぱい載っているけどめっちゃ難しくて自分では読みにくい本とかありますよね??

そのような本と出合った場合に本当に強い意志がない限りあきらめたくなりますよね。

僕はテキストをひたすら読んでいました。それこそ流し読みではありましたが5回くらいは読みました。何回も読んでいると当たり前のこともわからないことも結構のっています。

秘書検定は話し方もテストに出るので僕はその辺の尊敬語などがあやふやだったので秘書検定の時に勉強すると結構わかりやすく理解できましたね。

社会に出ている人なら当たり前の問題が結構多いと思います。高校生や大学生は「へぇ~」っていう感じになります。所作の方法などを覚えるため言葉を覚えたりはあんまりしなかったイメージがありました。所作などは一回覚えたら結構覚えることができるので目を通すことが重要ですね。

過去問を解く

お金に余裕がある人は過去問を購入したほうがスムーズに進めます。高校生や大学生は図書館に参考書や過去問が存在すると思うのでわざわざ購入する必要はないと思いますね。

過去問は自分がどこが苦手かがわかります。過去問で苦手だあと思ったところを集中してテキストを読んだり勉強することで点数が上がるでしょう!!

まとめ

秘書検定は一般のマナーなどを学ぶことができる資格です。マナーを知りたいと思った人には良い資格となっていると思います。

秘書検定2級は実技もなくって本当に勉強している感じがなかったです。たくさんのマナーがあるんやなとか結構楽しみながら取得することができる資格となっていると勉強嫌いな僕は思いましたね。

なので、資格を取得したい人も興味がある人もテキストを読み試験に合格できることをお祈りしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました