大学生はバイトする必要ってあるの?必要ないっていう人の考え方紹介

大学生は自由な時間が非常に多いですよね。
その自由な時間を使ってアルバイトに励む人も多くいらっしゃると思います。

逆にアルバイトを全くしない人もいると思います。友達にアルバイトをしていない人もいるかもしれません。全然いいと僕は思います。

僕はアルバイトをしていなくてもいいと思っている人なのでなぜしなくてもいいのかを話していきます。

アルバイトしなくていい理由

時間を失う

アルバイトをすることによって時間を取られますよね。
アルバイトの時間で自由な時間が奪われてその割にあんまりお金がもらえなかったりしますよね。

僕もアルバイトをしていて思ったことはこんなに時間費やして精神的にも疲れたりするのにあんまりお金がもらえなくていつもがっかりしていました。それにアルバイトであるからシフトも結構勝手に決められがちの人も多く自分の思うようにできていないです。

その時間を将来のために本を読んだりとか自分の将来なりたいことの勉強などに使うことによって知識などが蓄積されます。

大学の勉強などをしなくてアルバイトに熱中していて大学の勉強をおろそかにしている人もいました。それは、間違いであるといえますのであくまでアルバイトを中心に考えないでください。

社会勉強

この言葉は非常にアルバイト先にも先生からもよく言われます。
特にアルバイト先に言われました。

僕が思っていたことはアルバイトの種類にもよりますがアルバイトをするだけでは社会勉強はあんまり得られないと僕は感じました。

アルバイトの人のやることはたいてい誰でもできることや接客業務などです。それでどんな社会勉強が得られるかというとそんな自分の身になるようなことはなかったです。

アルバイト先の人に「これも社会勉強やね。」とか言われることとかもありましたがこき使われることが社会勉強といわれているような感じでした。

なので、アルバイトをして社会勉強をしたいと思うんだったらインターンシップに行ったほうがいいと思います。

アルバイトに熱中してしまう

アルバイトをすることによってある程度のお金を得ることができますよね。
大学生であるならば仕送りもあるし、家賃も親が払ってくれる人も多いと思うのでアルバイトのお金を娯楽に使うことができます。

そうすると自分の欲しいものがあるとアルバイトをすることで買うことができるというような思考になってくると思います。

実際に友達と話しているとほしいものがあると「一回アルバイトを増やせば買うことができる。」といってアルバイトの数を増やしている人もいました。

こうなってくるとアルバイトに熱中して大学の勉強や将来に向けての勉強ができなくなり、留年や自分の就職したい会社にもはいれないような感じになってきます。

一時期のアルバイトのせいで将来のことがあやふやになってもらっては困りますよね。アルバイトに熱中しているとアルバイト中心にスケジュールを立ててしまい、しなければいけないことややりたいと思ったことができなくなってしまうのでくれぐれもご注意ください。

まとめ

アルバイトをすることは全否定はしていないのですが、
アルバイトをすることによって自分の時間を失われたりするのを注意したいです。

大学生はアルバイトで多くのものを買うことができたり飲み会のお金を作ることだってできます。そのためだけにアルバイトをして飲み会などの時間に費やすことはアルバイトをしている時間と飲み会の時間の両方共の時間を無駄にしてしまっていることを頭の片隅に入れておいてもいいんじゃないかなと思い今回書きました。

これから僕がアルバイトをするのであったらお金の使い方に気を付けるようにしますね。参考書を買ったり本を買ったりと勉強できるようなものを買いたいですね。

ですのであんまりアルバイトアルバイトといわずにお金を節約すればアルバイトの時間も少なくなりますのでおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました